lx-rest (hp200LX)に関する修理改造情報(保存サイト)

hp200LXは今でも現役です。(修理情報)

水晶の取り付け不良。 足が短い場合。

   

Pocket

hp100LX mother board
100LXの基板です。
全く作動しません。
電源には6mA程度流れています。

水晶の取り付け

顕微鏡で、ざっと眺めてみると不具合がわかりました。

水晶の脚が切れている

水晶の脚の1本が切れています。

脚が短い

水晶の脚(あし)が短すぎます。

image

スルーホールの中に半田を盛ってはいるのですが、水晶の脚が半田に触れる程度にしか付いていませんでした。

水晶の脚は、スルーホールの反対側に出ているくらいが正常です。

この水晶の取付は、正規の水晶ではなく、大きめの倍速32.0Mhz水晶を横向きにしています。

このため、水晶が浮いていて、振動がすべて足にかかります。

短時間でハンダ不良を起こします。

水晶の再取り付け

この形の水晶は、取り付けが難しく、多くの不具合を誘発しています。

取り付け不良による不具合 故障例 

水晶を基板に固定

倒立型は信頼性が高い取り付け法です。

最初に水晶の頭部を、基板のシールドパターンに半田付けします。
熱容量が必要です。
ケースの半田になりますので、熟練が必要です。
補助電池を入れて、位置を調整する必要があります。

細線

その後細線で基板へ接続します。

基板裏面

裏面です。
スルーホールの痛みを点検する際に、綺麗に半田を取り去りました。
結線はあえて、コンデンサの電極に接続しています。(損傷回避措置) 損傷例

最終処置

最終的にエポキシ接着剤で固定・絶縁を行います。

取り付け法詳細

 


hp200lx修理改造情報 
http://lx-rest.com

 - 故障