lx-rest (hp200LX)に関する修理改造情報(保存サイト)

hp200LXは今でも現役です。(修理情報)

意外なICのハンダ不良による表示乱れ

   

image

規則的な液晶の表示乱れ。
筐体は100LXですが、後期型なので液晶表示部は200LXと同じものです。

液晶部から、基板への信号線の接触が悪くなると、このような表示なることがあります。 不良表示は不規則に変化することも特徴です。

image

良くある不良原因は、液晶裏のコネクタの接触不良です。
ところが、この個体ではコネクタをハンダ付けしています。
接続不良も見られません。

image

そうなると、液晶から基板までのリボンケーブル(フレキ)の断線が疑われます。

抵抗はほとんど無く、正常なのですが、予備的にバイパスしました。

image

フレキの断線部位はほぼ決まっていますし。

image

液晶表示部を基板に仮接続して、表示を確認。
正常に表示したのですが、液晶を触ると、ブルー(ブラック)スクリーン状態。

当初の不具合は、フレキ断線ではなかったようです。

image

液晶裏で全体に表示関する不具合は、基板のパターン切れが考えられます。 しかし腐食などもなく、基板そのものは問題なさそう。

以前、中央のICの取り付け半田不良で表示乱れがあったことを思い出しました。 ですが、ICの足を拡大観察しても半田は綺麗です。

image

他に手がないので、ICを外してみました。(半田吸い取り線で吸い取り、ICをマイナスドライバで浮かせると外れる。)

ICはきれいに外れたのですが、基板と接する部分が変色している。
ん? これは酸化ではないか。

image

ICの足と、基板側の古い半田を綺麗に除去。 フラックスを十分に塗って再取り付け。

image

これで安定した表示になりました。(不具合解消)

実は、ICの半田酸化と断定するには、上記作業以外、何度か試行錯誤しています。 直った思い、最終組み立て後に不具合が生ずる等。

この例は要するに、ICの半田付けは綺麗に見えても、接触が不良になっていることがある。 という例でした。

 - 修理, 故障