lx-rest (hp200LX)に関する修理改造情報

hp200LXは今でも現役です。

キーボード時々不良

   

Pocket

kキー不良

Kのキーが、ときどき認識しない(反応しない)ということです。

最初にキーボードを外します。

トルクススクリュウ

トルクスヘッド(六角星)のドライバを使います。

差し込みをつつく

キーボードの脚が押し込まれている穴より少し小さければ道具を問いません

突く

穴を突いて、キーボードを浮かせます。

外れたキーボード

キーボードが外れます。

kの部分

Kキーの電極を見てみます。
一見して、ホコリの存在がわかります。

電極にほこり

糸くずのようなホコリがカーボン(炭素)電極に付着しています。

これは接触不良の原因ですね。

紙テープ

ホコリを取るには、マスキングテープが最適です。

マスキングテープを剥がす

アルコールなどでもホコリは取れますが、カーボンが溶けたり、綿棒のホコリが付着したりします。

上部電極

キー側の電極にも多量のホコリが付着しています。
 200LXのキーボードは、それほど機密性がありません。

ホコリの多い環境では、侵入の恐れがあります。

 


hp200lx修理改造情報 
http://lx-rest.com

 - 故障