lx-rest (hp200LX)に関する修理改造情報

hp200LXは今でも現役です。

支柱(ポスト)部補修の数年後

      2016/10/06

Pocket

底蓋

(底蓋の内面写真)

久々にあけてみたら、写真の右上のポスト(ねじ止め部支柱)がボロボロ取れてきました。
これは、数年前に金属ワイヤを入れる丈夫な支柱割れ補修をした個体です。
ポスト部割れ

回りはプラリペアで固めています。上部は穴が開いています。
金属補強
金属線とワッシャーで補修した部分は問題ありません。
あぶなそうな割れ

割れが入った部分はあります。

他のポスト

他のポストも問題ありません。

わかりやすいのですが、ボロボロにとれた部分には、金属線だけを入れ金属ワッシャー(座金)を入れていませんでした。なぜなら、この部分はカードスライド部の構造体によって、他の部分より丈夫になっているので、ワッシャまでは不要と考えたからです。

しかし、経年によってやはり壊れました。
S/N(シリアルナンバー、製造番号)はSG447006048 相当古いですね。

ポスト部

ただし、同じ程度のS/Nでも、劣化がそれほど進んでいないものもあります。
重ねてある下は、S/NSG44002677ですが、4つのポストすべて健在です。

使用していると劣化が早いとは感じます。


参考:あまり使用していない個体の状況

問題ない

表面
非常に綺麗ですし、粘りもあります。
s/n:SG70802162

 

 *タイトルがボストになってました。 修正2016.10.06


hp200lx修理改造情報
http://lx-rest.com

 - 修理, 情報