lx-rest (hp200LX)に関する修理改造情報

hp200LXは今でも現役です。

日本語化キット(JKIT ver1.0)を、シリアルケーブル経由でインストール実例

   

Pocket

日本語のソフトが入らないとうご質問をいただきました。
当方の導入法とおりにやったけれど、足りないファイルがあるということでした。

確認した所、当初の日本語化キット(JKIT ver1.0)では、シリアルケーブル経由でインストールする必要がありました。

自分の行っていた日本語化は、ver1.10であったため、単にファイルをメモリーカードにコピーして再起動させれば導入ができるものでした。

古いバージョンの製品(JKIT ver1.0)も持っていたので、この際導入実例を記録しておきます。

1996年以前の製品です。 18年も前の製品ですので、現在では必要な機器が入手できないかもしれません。

当時の製品を入手するにはオークションが最適かと思います。

>hp100LX 関連オークションページ

>hp200LX 関連オークションページ


導入


使用機材等

日本語化キットと機材

(1)HP200LX日本語化日本語化キット(日本語対応エディタMIFES-mini付属)オカヤ・システムウエア株式会社製
fdの中身(ファイル構成
(2)シリアルケーブル(HP社製)F1015A
(3)フラッシュメモリーカード(フラッシュパッカー)5MB
ノートパソコン

(4)IBM互換ノートパソコン AKIAT510 (フラッシュパッカー、FDが使え、シリアルポートがある。)
MSDOS 7で起動して日本語表示設定


シリアルケーブル接続

ノートパソコンへ接続

ノートパソコンのシリアルポートへ接続

200LXへ接続

200LXシルアルポートに接続


セットアップ

概要

・ パソコンをDOSで立ち上げる。

・JKIT FD内のINSTALL.exeを実行

・200LXのData Comを起動

・パソコンからserver.exeを200LXのC:ドライブに送る。

・200LXでserver.exeを実行すると、日本語化に必要なファイルがパソコンに挿入したFD(フロッピーディスク)から200LXへ展開転送される。

・200LX上で、送られたSetup.exeを実行することで、 200LX内に必要なファイルが配置される。

実例写真

 


hp200lx修理改造情報
http://lx-rest.com

 - 情報