lx-rest (hp200LX)に関する修理改造情報

hp200LXは今でも現役です。

ヒンジ部の割れを外から補修

      2015/04/12

Pocket

ヒンジ部の割れ

修理の最終段階で、なんだか動きが柔らかい。
ヒンジキャップを外して、初めて割れがわかりました。

初期の割れは気づかないときがあります。
この部分は、上面にある割れ(写真を拡大するとわかります)を内部より補修補強しています。
ヒンジ部全体が疲労しているのだと思います。

端部の傷
エッジ(筐体の端部)には、傷があります。
前回の補修時以降に、落下等の衝撃があったのかもしれません。

この際、分解のストレスを与えないように、このまま外部から補修を試みます。

ルーターで溝付け

ルーター(Leutor、リューター)(ペン型グラインダ)で、割れ部をまたぐ溝をつけます。

溝付け

意外に深く溝を付けることができます。

芯材

この溝に入れる芯材を確保します。
虫ピン、ピアノ線など。

溝に置きます

芯材(補強材)を溝に置きます。
プラリペア処理

後は、溝にプラリペアなどの硬化剤を充填します。

キャップを挿入するときには、角を削っておきます。

補修後の写真を撮り忘れました。

 


hp200lx修理改造情報
http://lx-rest.com

 - 修理