lx-rest (hp200LX)に関する修理改造情報

hp200LXは今でも現役です。

液晶の横抜けは仮修理状態ですね。

      2015/03/19

Pocket

液晶の横抜け

液晶の横抜けも意外にあります。
横抜けは修理が困難です。
2ドット抜け
この場合には横列2ドット幅で抜けています。

ICのハンダ不良でも同様になるのですが、ICにお置かれた位置の関係(左端に近いので、右ヒンジ支柱からの歪みが伝わりにくい)からめったにありません。

ほとんどの原因は右横のフレキシブルパターンの剥がれです。

この場合の有効な修理法は、上から押さえる(圧力を加える)しかないと思っています。
加熱で接着することもありますが、失敗を招く可能性が高いです。
フレキ
押さえる場所は、液晶ガラスの上か、基板側かの一方になります。

今回の修理は基板側

今回の修理(補修、暫定修理)では、基板側を圧しています。

液晶枠(金属フレーム)を押さえとして、スポンジを挟んでいます。

枠を曲げる

写真で、金属枠がゆがんで見えます。
これは、フレキに枠のエッジ(端部)が触れないように逃し(変形させ)たためです。

横抜け修理後

フレキを圧することで、横抜けは消えました。
ただし、いつまでもつ(再発しない)かはわかりません。
あくまで暫定修理状態です。

#液晶の横抜け
故障例 故障例 故障例 故障例 故障例 修復不能例
熱で修理 透明電極修理例


hp200lx修理改造情報
http://lx-rest.com

 - 修理