lx-rest (hp200LX)に関する修理改造情報(保存サイト)

hp200LXは今でも現役です。(修理情報)

200LX ヒンジ割れ対策 サポートヒンジの製作中

   

Pocket

ヒンジ部割れの対処法を考えています。
外部から保持する方法です。

首折れ200LX補強ヒンジ(案)として考えていたものの具現化です。


image

ヒンジ部上面割れの状況

 

200LXのヒンジ部割れは、液晶を開閉して使う限り必ず発生します。
いかに綺麗に補修しても、スプリングを緩めても、再発します。
これは、液晶部を右側一点で保持させる設計上の弱点です。
樹脂の経年劣化と、応力疲労により、修理にも限界が来ます。

image

割れの例

image

割れの例

割れは、外部だけでなく内部にも生じます。

image

内部割れの例。

image

液晶部分離

そして、ついには液晶が分離してまいます。
これがいわゆる「首折れ」と呼ばれているわけです。


今回の修理法は、今までのように外観を残すものではなく、当てヒンジをしようとするものです。

image

ヒンジサポート(当てヒンジ)

割れた部分を修理せず、外部にヒンジを新たに設けます。

image

当てヒンジの保持力(70g前後)

当てヒンジにも保持力を持たせており、首折れした200LXをとりあえず使用可能にすることができます。

image

当てヒンジの部品

ヒンジサポート(当てヒンジ)は、3Dプリンターで作成。
結合部(回動部)には、ワッシャー、カシメ部品などで調整。

image

200LXへの取り付けには、両面テープを使用

image

保持力と、動きの確認

当てヒンジは、割れが生ずる右側だけでなく、左側にも取り付けることで、保持バランスがよくなると思います。

以上 開発中です。

image

当てヒンジ(製作中)

 - 改造, 日記