lx-rest (hp200LX)に関する修理改造情報

hp200LXは今でも現役です。

インストール実例写真(日本語化キットJKIT ver. 1.0 シリアルケーブル経由)

   

Pocket

導入検証実験例  >準備

install

MSDOSで起動させパソコンに一枚目のFDを挿入。

install  と入力し、enterキーを押すと、
ようこそ、「日本語HPパームトップ」ワールドへ! ・・
インストールを始めますか?
 


シリアル入力

指示通りにenterキーを押すと説明が進んでゆきます。
FD上のシリアルナンバー入力を求められます。 (ここでは、すでに一度導入経験のあるJKITであったため、FD内にユーザーの名前が記録されていました。  新規のFDでも試したところ、シリアルナンバーに加え、箱のバーコード下の数字入力を求められました。 この際に、ユーザー名を入れます。)

パソコン選択

パソコンの選択 2.DOS/V

200LX準備

通信設定の説明

image
(この画面は別のディスプレーで撮影)

200LX側の設定説明

200LX側通信設定

データコムを起動させ、設定
ボーレートを2400から9600に変更しました。
(200LX 通信設定)
Baud     9600
Interface  Com1
Parity  none
Data Bits      8
Stop Bits     1
(2400から9600に変更したのみで他はそのまま。)

XMODEM

XMODEMに設定(当初はZMODEMになっています。)

受信ファイル設定

送信ファイル設定

受信ファイル名を、C:SERVER.EXE と入力しOK enter

受信待ち

受信待ち受け画面になります。
経過時間がカウントアップしてゆきます。

image

enterで転送中になりました。

受信

受信(xfered 転送)バイトカウントが増えてきました。
正常に受信中のようです。

転送完了

server.exeの転送が完了しました。
200LX側をDOS状態にしてくださいとの指示

server

c:に転送された server.exeを実行させます。

実行中

server.exeを実行させたことで、パソコン側へファイルを要求しているようです。
(途中で、Aドライブが読めないというエラーが出たので、カードを抜き差ししました。)

パソコン上の表示

パソコン側では、作成中、転送中と表示されています。

時間がかかる

多くのファイルを転送しています。
FDの読み取りが遅いので時間がかかっています。

200LX側

200LX側では受信中のファイルが表示されています。

転送終了

1枚目の転送が終わったところで、書き込みが行われました。(書き込み禁止にしていました。)

書き込み禁止

FDの書き込み禁止を解く。

1枚目終了

書込することで、2枚めへ移ります。

2枚目

FDを1枚目から、2枚目に交換します。

image

2枚目の転送が始まり、インストール終了

Aドライブ中身

転送されたファイルを確認すると、FONT、WX2などの他に、setup.exe があります。

SETUP

まだ終わってませんね。
200LX上で、SETUPを実行します。

インストールとは別に、セットアップがあるわけですね。

error

あらー エラーが出てしまいました。
disk full or Disk error

micro sd

この時点では2GBのマイクロSDを使っていました。 こんなメモリーへの対応は当時の想定にはないでしょうね。

やりなおし

今度は、5MBのフラッシュパッカーに変えます。(写真は別の10MBのカードが写っています。)

再実行

最初からやりなおし。

SETUP[4]

今度はSETUPが正常に動いています。

再起動

再起動させます。

FONT

fontも正常に入ったようです。

メモ

メモ帳で日本語入力させてみました。

やっと導入できました。

注:使用した200LXは、4MBノーマル機です。 完全初期状態から行っているため、日付は01-01-80 になっています。(200LX発売当時の初期年月設定が1980年1月1日ということです。)

VER1.0を今から導入するのはたいへんです。 新規に200LXを使いたい方で、日本語入力環境を導入するにはVER1.10を入手した方が良いと思います。
ファイル自体も新しいため。

なおこの導入は、修理の一貫での作業情報でしかなく、また古いバージョンですので、このjkitは使用していません。

ver1.1

日本語化キット VER1.10パッケージ
こちらの導入ではケーブルがなくても行えます。)


hp200lx修理改造情報 
http://lx-rest.com

 - 情報